看護師求人@(看護師求人アット)

職場を変わる時、気をつけたいことのひとつに円満退職があります。転職の際には円満退職を心がける必要があります。

 

HOME > > 円満退職のコツ

円満退職のコツ

職場を変わる時、気をつけたいことのひとつに円満退職があります。
看護師業界は広いようで狭いものです。
看護師に関する噂はすぐに広がってしまいますので、次に働く職場にもその噂は届くことでしょう。そうなるとトラブルを起こした末の退職では、新しい職場へも影響がナシとはいえません。そこで転職の際には円満退職を心がける必要があります。

看護師転職 円満退職のコツ円満退職のコツは、退職の意思表示をスムーズに行うことです。
退職の意思は退職する約2カ月前に伝えるのが常識とされています。看護師はシフト制で働いていますから、シフトが組んだ後に退職の意思を伝えると、再びシフトを組み直さなければなりません。
よって、シフトが組まれる前に退職の意思を伝えるのが好ましく、最低限のマナーです。

退職を伝える相手は直属の上司です。その上の立場の人に話すことはNGです。
直属の上司を飛び越えてその上の上司に話すと、直属の上司の管理能力が問われることにつながり、職場の雰囲気を悪くしてしまいます。
それでは円満退職にはなりませんね。
退職の意思は直属の上司にしっかりと自分の口から伝えましょう。上司が風の噂で退職を知ったというのも好ましくありません。

看護師の退職 円満退職のコツ 円満退職で最も大切なことはトラブルなく退職を迎えることです。
「立つ鳥跡を濁さず」がスマートな退職の仕方ですが、意外に難しい事でもあります。
自分が抜けた後に仕事がスムーズに行われないといった状況も避けなければなりません。引き継ぎはしっかりと行い、ノートに業務内容をまとめておくのも良いですね。自分が辞めた後、残った人達が困らないよう配慮をするべきです。
今まで一緒に働いてきた先輩・同僚・後輩たちを思いやる気持ちが大切です。
「自分は転職をするから後のことは知らない」では、円満退職とはいえません。


看護師無料登録

看護師求人 無料転職相談